トラブル防止の為にフリバンや通販について詳しく知っておこう

通販を使う女性 フリバンは不感症で悩む女性におすすめのお薬です。しかし、そもそもこのお薬は日本で販売されていないため、試してみるとなれば個人輸入するしかありません。

もちろん自分で個人輸入の手続きをしても良いですが、今は個人輸入の手続全般を代わりにしてくれる代行業者があるので全く難しくありません。個人輸入初心者はもちろん、通販初心者でも簡単操作でフリバンを注文していただけます。

 

ただし、実際に利用する際には、トラブルにならないためにもしっかりと「通販で購入する上での注意点」と「フリバンを利用する上での注意点」を知っておくことが大切です。

 

個人輸入を代行してもらう必要はある?

そもそも個人輸入とは何なのか…?はじめにもお伝えしましたが、簡単に言えば「海外の商品を日本へ取り寄せること」です。

それだけ聞けば簡単そうに感じるかもしれませんが、実際には販売店へほしい商品を発注したり、購入代金とは別に関税や消費税がかかったり、決済方法に違いがあったり…。このように日本の通販とは勝手が違いますので、色々とトラブルになったり利用して後悔したりすることも多いです。

そして、自分で個人輸入をするとなれば、一番問題となるのが「言葉の壁」です。

購入先のショップにもよりますが、基本的には英語でのコミュニケーションとなります。

今はネットの翻訳サービスがありますので、文章を日本語に訳しながら利用することは可能です。しかし、全てを日本語に訳しながら利用すると時間がかかりますし、100%正しく翻訳されているかどうかは分かりません。

個人輸入でフリバンを買うためだけに、英語も勉強しなければいけないのは正直割に合いませんよね?

 

そこでおすすめなのが代行サービスです。

個人輸入代行のサービスを利用することによって、個人輸入の煩わしい手続きを代わりにしてくれますし、全て日本語でのやり取りとなりますので英語力は一切不要です。

ただ単にほしい商品を伝えて代金を支払ったら、あとは商品が届くのを待つだけです。

また、分からないことがあった場合でも、日本人もしくは日本語可能なスタッフが問い合わせに対応してくれますのでネットに慣れていない方でも安心です。

 

英語の自信がある!何でも自分でやってみたい!そういった方でなければ、個人輸入代行の通販サイトが絶対おすすめです。

 

個人輸入のキホンを知って通販マスターになろう

通販を使う女性個人輸入代行の通販で買い物をするとなれば誰でも不安です。でも、1回利用してみたら「こんなに簡単なんてびっくり!」「初めてでも普通に買えた!」と思えるほど簡単なので、不安に感じている方でもぜひ1度利用してみてください。

 

しかし、普通の通販と個人輸入では当然仕組みそのものが違いますので、色々と勝手が違います。そこで、今後通販を賢く活用していただくためにも個人輸入の基本についてまとめています。

個人輸入の3つのルール

個人輸入のルールについてははじめにも少しお話しましたが、改めて説明します。

個人使用目的であること

個人輸入はあくまで個人が使用する場合に限り認められています。ですから、自分が使う分のフリバンしか注文できないということ。買った商品をフリマアプリで転売したり、有償無償問わずに友達や家族に渡す行為は違法です。

ちなみに、代理注文もNGなので、フリバンなどの女性用の商品は男性名義で注文できないので気をつけてください。

数量を守って注文する

医薬品の種類によって一度に注文できる数量は決められています。そもそもそこまで大量に注文される方はいないかと思いますが、安いからと言って買い過ぎには注意です。たとえ大量に注文したとしても、医薬品には使用期限がありますし、購入後に不必要になる可能性があります。また、フリバンが初めて使う薬の場合、体に合うかどうかもわかりませんので、まずは1箱からの注文をおすすめします。

すべては自己責任

日本では販売されていない商品でも通販を利用すれば海外限定の商品を購入できます。フリバンもその1つですが、購入者本人が使う分に関しては自由に輸入できます。しかし、利用に関しては全て自己責任となりますので気をつけてください。例えば通販で購入したフリバンが粗悪品だった、服用したら副作用が出たなどのトラブルがあったとしても自分で責任を負わなければなりません。

そのことを踏まえて、信頼できる通販サイトを見極めて利用しましょう。

個人輸入と日本の通販との大きな違い

個人輸入代行サイトと一般的な日本の通販サイトでは、サイトの見た目や注文方法に関しては大きな違いはありません。ですが、やはり異なる点もありますので利用する際には注意しましょう。

商品に関する情報は聞けない

フリバンなどのお薬を扱う通販サイトを利用する際、使い方や副作用について効きたいことがあったとしても問い合わせで聞けません。というのも、通販サイトを運営しているのは医療従事者ではないため、法律的に答えてはいけないことになっているのです。

つまり、疑問点があったとしても自分で調べなければなりません。

個人輸入はすぐに届かない

個人輸入の場合、発送元はシンガポール、香港、インドなどの海外です。ですから、国内通販のように注文してすぐに届くわけではありません。

注文してから商品が届くまでの目安は2週間ですが、状況によってはさらに遅れることもあるでしょう。

国内で流通している商品であれば代わりに病院へ行けば当日処方してもらえますが、日本にはフリバンの代わりになるものはありませんので、すぐにフリバンを使いたかった…という女性もいると思いますが気長に待ちましょう。

速達や日時指定はできない

フリバンの通販は時間がかかるからと言っても、残念ながら速達や日時指定での受け取りはできません。

少しでも早く受け取りたい場合には、引き渡し時期が早い通販サイトを探す、商品代金を速やかに支払うことの2点です。とはいえ、工夫をしたとしてもお届けまでの日数が大きく変わるわけではないので、時間に余裕を持って注文しましょう。

ちなみに、商品発送後には通販サイトから荷物の追跡番号が届きますので、いつ頃届くか?目安は確認できます。

宅配ボックスやコンビニでの受取不可

日本の通販の場合、宅配ボックスやコンビニの受取サービスを利用できるので、自宅にいる時間が予測できなくても、自分のタイミングで荷物を受取ることができます。

しかし、個人輸入の通販サイトは国際書留郵便で荷物が送られてくるため、こうした場所での受け取りはできません。

配送先を自宅住所にした場合、不在で受け取れなかったとすると不在票をもとに再配達依頼を行わなければなりません。

ただ、郵便局留めが可能なので、利用しやすい郵便局で荷物を受け取れます。

 

フリバンを使うときの注意点を知って不感症を治そう

通販を使う女性フリバンの使い方はいたってシンプルで「1日1回、就寝前に1錠水やぬるま湯で服用する」だけです。

しかし、服用の際には注意しなければいけないことがあります。

効果はすぐに現れない

フリバンは不感症を改善してくれるお薬ですが、服用してすぐに効果を実感できるわけではありません。効果が現れるまでには個人差がありますが、十分な効果を実感するためにも8週間は継続して服用してください。

併用禁忌薬や服用できない人の条件が多い

フリバンは相性の悪い薬や服用に適さない方の条件が多いので、服用する前にはしっかりと確認しておいてください。

フリバンと相性の悪いお薬(併用禁忌薬)には、フルコナゾール、リトナビル、エリスロマイシン、テラプレビル、ジルチアゼム、ベラパミルなどが挙げられます。この他にも抗うつ剤や向精神薬も含まれますので、服用中の薬がある方は通販で購入する前に医師へ相談しましょう。

また、肝機能障害がある、妊娠中や妊娠の予定がある、授乳中、母乳育児を計画している、薬物やアルコールの乱用病歴がある方は使用不可となっています。

なお、アルコールを摂取すると作用が増強する恐れがあるので、フリバン使用時は飲酒を控えてください。

副作用が起こる恐れがある

フリバンを服用した場合、副作用が起こる恐れがあります。

吐き気、眠気、疲労感などの症状は軽度で時間とともに消失していきますが、症状が強くて辛い場合には、無理せず服用を中止して医師の診察を受けてください。

 

タイトルとURLをコピーしました